園村苺園

園村苺園のある熊本県宇土市は、
粘土質の土壌で豊富な地下水を利用し、イチゴ栽培が盛んな地域。
夫婦でイチゴ作りに情熱を傾ける園村さんに聞きました。

  • TOP
  • 苺あまざけ

完熟だから生まれる深い味わい

私たちが目指すのは、甘いだけではないおいしいイチゴです。そこで、昆布・しいたけ・鰹節で作った独自の肥料を与えています。イチゴは傷みやすいため、完熟する前に収穫することが多いのですが、それでは糖度が乗り切っていません。完熟するまで待つと、収穫量が減ってしまうのですが、おいしいイチゴを届けたくて、完熟にこだわり収穫しています。

エンジニアからイチゴ農家へ

「自分が作った作品」と呼べるものを世に出したいという気持ちがあり、以前はエンジニアとして働いていました。東京から地元の熊本に戻り、ある時、道の駅で購入したイチゴのおいしさに感動し、農業に興味を持ちました。自分で手がけたものを届ける農業は、私がやりたいことに通じると感じ、就農を決意しました。

甘味と酸味のバランスが魅力

「さちのか」には酸味があり、完熟して糖度が上がると味の深みが増し、コクのようなものが出てきます。酸味があるため、味を立体的に感じられるようです。栽培に手間がかかり、生産者は少ないのですが、味も香りも優れた品種です。高設栽培より土耕栽培のほうがイチゴの味がよいと感じるため、作業は大変ですがこの栽培方法を続けています。

パウダー状のイチゴを甘酒に

イチゴと甘酒が合うのは分かっていたのですが、ホシサンの皆さんのおかげで、よい商品になりました。わが家では昔からホシサンの味噌で味噌汁を作っていたので、今回のコラボは楽しみでした。原材料の冷凍イチゴのパウダーは、形が悪いだけで出荷できないイチゴを活用したものです。甘酒になることで、私たちのイチゴを1年中楽しんでいただけるようになり、うれしく思います。

※パッケージは制作中のため、デザイン・仕様等は変更になる場合がございます。

ホシサン開発担当者より

何も加えず冷凍しただけのイチゴを使っているので、イチゴ本来の味と香りを楽しめます。時間が経つと色が変わるため、さまざまな素材を試した結果、レモン汁を加えることで鮮やかな色を保つことができました。甘酒が苦手な方にも飲みやすい味わいです。

くまもとの完熟にこだわった
さちのか苺の風味ゆたかな
苺あまざけ

熊本県宇土市にある園村苺園の「さちのか」は、酸味が甘味を引き立て、コクも感じられるイチゴです。完熟のイチゴをたっぷり加えた甘酒は、1.5倍に希釈し、ホット、アイス、お好みでどうぞ。スムージーやヨーグルトに加えるほか、パンに塗るのもおすすめです。

内容量
180g
賞味期限
180日
原材料名
米麹(国内製造)、米、いちご、レモン果汁

ホシサン開発担当者より

何も加えず冷凍しただけのイチゴを使っているので、イチゴ本来の味と香りを楽しめます。時間が経つと色が変わるため、さまざまな素材を試した結果、レモン汁を加えることで鮮やかな色を保つことができました。甘酒が苦手な方にも飲みやすい味わいです。

その他の商品

肥後藩へ献上された
鹿北岳間茶の緑あざやかな
抹茶あまざけ

VIEW MORE

銘茶の里、鹿北で生まれた
和紅茶の香り華やぐ
紅茶あまざけ

VIEW MORE